なごみ園(なごみ農園)

静岡県掛川市で30年以上、農薬・除草剤・化学肥料の不使用にこだわったお米とお茶を作っています

2019年の新茶生育状況【掛川茶】【無農薬】

  • 2019/04/28

概要

平成も残すところ3日を切りましたね。
令和最初の2019年新茶も順調に育っています。お茶の様子を撮影してきましたので紹介します。

2019年新茶の生育状況

今年は4月半ばまで寒い日が続き、生育が遅れていましたがタイミングよく刈り揃えることができましたので、霜などの影響もなく順調に育っています!

順調に良く育っています! 覆いで遮光しており柔らかな光を受けています

なごみ園では農薬や除草剤を一切使用しておりませんので、雑草 (ワラビやササなど) が畝の中からどんどん生えてきてしまっています。
こればかりは仕方がないので、一本ずつ手作業で抜いていくしかありません。

雑草がこんなにも生えてきますので、手作業で全て取り除きます

玉露とかぶせ茶用の茶園

玉露とかぶせ茶は日光を遮光して育てることで旨味 (アミノ酸) が苦み (カテキン=タンニン) に変わるのを抑えた高級茶です。
日光を遮るので光を多く吸収できるように濃い緑色になることも特徴です。

この茶園では遮光率の異なる2種類の寒冷紗 (かんれいしゃ) を使っています。
遮光率の高い寒冷紗で育てたお茶の中でも特別に色も葉の状態も良いものを厳選して「玉露」として仕上げます。
残りは「かぶせ茶」などになります。

寒冷紗で日光を遮って旨味の強いお茶を育てます

令和最初の新茶は5月末頃から販売開始!

現在の状況から刈り取れる時期は GW 明けの5月上旬です。
そこから袋詰めなどとなりますので販売開始は5月末頃となる予定です。

また、まだ昨年のお茶の在庫が少しありますので特価でお買い求め頂けます。
無農薬で育てた深蒸しの掛川茶に興味がありましたらお試し下さい!

・ネットショップ - 2018年特価茶一覧